自動車保険の初心者におすすめの契約方法や補償内容選びとは

自動車保険に初めて加入するという方は、まず補償内容やサービス内容、事故対応や各種の割引制度、手続き方法について理解することが大切です。

何についての補償で、どのような場合に保険金が下りるのかが分からないと、いざ事故が起きた時に賠償金の支払いが受けられなかったり、ご自身の治療費や車の修理代が賄えないなどして困る事態にもなりかねません
必要な補償が確保できない虞がある反面、ご自身には必要のない補償やサービスに加入して無駄な保険料を支払ってしまうリスクもあります

自動車

また、保険料がお得になる各種の割引制度が用意されていても、知識がないと活用しきれないことがありますので、まずは自動車保険そのものについての理解を深めましょう。

色々調べてはみたけれど、いまいち自信が持てない方、友人やご家族からアドバイスも受けられないという環境にある方は、初めての加入は代理店を通じた契約がいいかもしれません。

代理店は自動車保険の知識と取り扱う商品に関する知識が豊富な担当者が、対面で提案や説明、手続きのサポートをしてくれます。

ですが、だからといって全くの受け身ではいけません。


提案された補償内容
について納得いくまでしっかりと説明を受けて、ご自身がどのような事故やトラブルが起きた時に、何に対して幾ら払われるのかなどをよく確認しましょう。

また、保険料が高いなと感じたら、もっと保険料を下げる方法はないのかを遠慮せず確認してください。

自動車保険に初めて加入する場合には新規加入の等級となり、年齢的にもお若い方が多いため、事故リスクが高いとして保険料が高くなるのが一般的です
もっとも、余計なオプションを外したり、補償内容を必要最小限に抑えることで保険料の調整は可能です。

ただし、車の運転が初めての方は事故を起こしやすいリスクが高い段階にありますから、補償の削り過ぎはよくありません。


経験豊富な担当者とよく
相談しながら、万が一のリスクをしっかりカバーしつつ、支払える保険料に納まるよう調整をしてもらいましょう。

補償内容の理解ができ、補償内容には納得できたものの、やはり、保険料が高くて払えないという場合は、代理店から受けた提案を一回保留にして他の保険会社と比較検討する方法もあります。


インター
ネットで申し込みができる通販型の保険では、同じ補償内容でも代理店の運営費用や代理店手数料などがかからない分、保険料が安くなることがあります。

初心者の方は保険会社の名称もあまり詳しくないと思いますので、ネットで一括見積もりサイトなどを見つけて、複数の保険会社から一括見積もりをとってみるのもおすすめです。

ただし、保険会社によっては初心者の加入がインターネットからはできないところや、10代の免許取り立ての方の契約を受け付けていないところがあります。

その場合は、やはり、対人で相談できる代理店に相談するのがおすすめです。


運転も初心者にとって欠かせ
ない補償は、相手方への賠償となる死傷に対する対人賠償と、車や建物、ガードレールなどの財物を損壊した場合の対物賠償、そして、ご自身のケガや死亡、後遺障害に関する補償です。


この点、自賠責保険ではご自身の死傷につ
いては一切補償がありませんので、必ず人身傷害補償または搭乗者傷害補償、自損補償などを付けるのを忘れないようにしてください。

これに対して、保険料を抑えるうえでは車両保険は調整対象になります。

等級や年齢が高い方で一番保険料が高くなる部分が、ご自身のお車の損害をカバーする車両保険となります。

車の修理代や買い替えに充てられる補償ではありますが、死傷や相手方への賠償に比べて重要度は低くなりますので、保険料を抑えたい場合には車両保険の補償範囲を限定するか、思い切って付けないのがおすすめです。


http://jidousyahoken-koushin.com/